市販されているボルタレンはどれ?お店で買えるボルタレンを解説します

市販薬と処方薬

お薬には「市販薬」と「処方薬」があります。
病院で医師から処方せんを貰い、調剤薬局で購入するお薬を「処方薬」と言います。
取り扱いによっては危険を伴うこともあるため、個人が自己責任で購入することは薬事法で禁じられています。
危険が少ないため、個人自由に購入できるお薬が「市販薬」です。
こちらはドラッグストアなどの店頭で購入が可能なため、「OTC(オーバー・ザ・カウンター)医薬品」とも呼ばれています。

処方薬は効果が低い?

風邪薬のように、誰でも簡単に手に入る処方薬はちょっとした治療に便利な大衆薬ですが、その反面効果が低めであることが一般的です。
誰でも扱えるため、誰が使っても問題が起きにくく設計されているんです。

効果が高いお薬が欲しい場合は、やはり処方薬になるですが、近年では、安全性が認められた処方薬がOTC医薬品として販売されるケースもあります。
「スイッチOTC医薬品」と呼ばれていて、もともとが処方薬だったため、市販薬なのに効果が高い、大変嬉しいお薬です。

ボルタレンの入手方法

ボルタレンは、鎮痛消炎剤の中でも強力な効果があるお薬です。
そのため、市販できない種類もいくつかあります。
たくさんの種類があるボルタレンがそれぞれどんな方法入手できるかをまとめました。
購入を検討に是非ご活用ください。

市販されているボルタレン(ドラッグストアで入手可能)

ボルタレンローション

特徴
スティックタイプのボルタレンです。
長細い容器に入っているので、手が届きにくい部位に適しています。
適した部位:「肩」「肩甲骨」「腰」「首筋」
効果の強さ
副作用
皮膚炎(発疹、かぶれ)、かゆみ、発赤、皮膚のあれなど

商品名

  • ボルタレンEXローション
  • ボルタレンACローション

ボルタレンゲル

特徴
チューブに入ったゲル状の軟膏剤です。
広く塗れて落ちにくいので、関節などの良く動く部位に適しています。
適した部位:「膝」「肘」「肩」「足首」
効果の強さ
副作用
皮膚炎(発疹、かぶれ)、かゆみ、発赤、皮膚のあれなど

商品名

  • ボルタレンEXゲル
  • ボルタレンACゲル

ボルタレンテープ

特徴
湿布タイプの貼り薬です。
患部に長時間密着し、いちど貼れば24時間効果が持続します。
テープが剥がれてしまうため、あまり動かない平面な部位に適しています。
適した部位:「肩」「腰」「首」
効果の強さ
副作用
皮膚炎(発疹、かぶれ)、かゆみ、発赤、皮膚のあれなど

商品名

  • ボルタレンEXテープ
  • ボルタレンEXテープL

ボルタレンスプレー

特徴
スプレーするタイプのボルタレンです。
広範囲を一気に吹き付けられるため。
運動後の酷使した部位のケアに適しています。
適した部位:「ふくらはぎ」「太もも」
効果の強さ
副作用
皮膚炎(発疹、かぶれ)、かゆみ、発赤、皮膚のあれなど

商品名

  • ボルタレンEXスプレー

市販されていないボルタレン(処方せんや通販で入手可能)

ボルタレン錠

特徴
タブレットタイプのボルタレンです。
病院で飲み薬として処方されることが多く、数ある解熱鎮痛剤の中でも指折りの効果を発揮してくれます。
効果の強さ
副作用
胃部不快感、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、浮腫、発疹など

ボルタレンサポ

特徴
座薬タイプのボルタレンです。
体内で分解されず、直腸から直接効果を発揮する為、飲み薬よりも効果が強くあらわれます。
他の解熱鎮痛剤よりも強い効果が欲しい場合や、早く痛みを止めたい場合などに使用します。
リウマチや陣痛、手術後の痛みなど、痛みが強い症状に対して処方されるお薬です。
効果の強さ
副作用
下痢、便秘などの消化器官の不調、低体温症、発疹などの皮膚の異常
  • ボルタレン25mg 1日3回の服用できる痛み止め ボルタレン25mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • ボルタレンエマルジェル ひざや関節の痛みに有効 ボルタレンエマルジェル
    5
    • 内容量: 1箱100mg
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: グラクソスミスクライン