ボルタレンゲルは、ひざや関節の痛みオススメの塗り薬です

ゲルタイプのボルタレ

ボルタレンゲルは、チューブに入ったゲル状の軟膏剤です。
無色透明で、手に取って薄く伸ばしながら、患部に塗り込みます。
いつでも簡単にできる為、筋肉痛などのちょっとした痛みの治療に適しています。
ドラッグストアで市販しているので、常備薬として用意している家庭もたくさんあります。

効能又は効果

下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎 (テニス肘等)、筋肉痛 (筋・筋膜性腰痛症等)、外傷後の腫脹・疼痛

※ボルタレンゲル1%添付文書より抜粋

ボルタレンエマルジェル

5

ボルタレンエマルジェルは、関節の痛みや、打撲などの炎症筋肉痛に効果を発揮するお薬です。 有効成分の「ジクロフェナクナトリウム」が皮膚から患部へ浸透し、痛みの原因となる腫れを緩和します。

  • 内容量: 1箱100mg
  • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
  • 製薬会社: グラクソスミスクライン
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で4月27日(金)に届きます。

1箱 2,480円カートへ
2箱4,960円4,067円カートへ
3箱7,440円5,547円カートへ
5箱12,400円8,387円カートへ
7箱17,360円211,341円カートへ

ボルタレンエマルジェルのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

ボルタレンゲルのメカニズム

ボルタレンゲルは、皮膚に塗ることで鎮痛効果を発揮する塗り薬です。
患部に擦りこまれたゲルは、そのまま皮膚に吸収されていきます。
すると、ボルタレンの主成分である「ジクロフェナクナトリウム」が痛みを生み出す元になる「プロスタグランジン」という物質ができるのを食い止めます。
これが、ボルタレンで痛みがとれるメカニズムです。

ボルタレンはあくまで、痛みの元をとなる物質を減らす対処療法でしかありません。
病気や過度な運動など、痛みを生み出している原因自体は別にあります。
痛みというのは、体が発している危険シグナルです。
痛みが和らいだことで油断せず、痛みの原因自体を取り除くことも大切です。

ゲルタイプの使い方

動画で観るボルタレンゲルの塗り方

適量を手に取り、痛む場所に伸ばしながら塗っていきます。
ゲルタイプは粘性が高いため、軽く塗るだけでも大丈夫です。
痛みが酷い時や、ケガをした時に塗ると炎症と痛みを抑える効果も期待できます。
多少のベタつき感はありますが、渇きが早くすぐにサラッとなって気になりません。
効果は3時間ほど持続するので、1日に3~4回塗り直しましょう。

ルタレンゲル1%
1日3~4回塗布
適量(肩肘膝:2~3cm)(腰:3~5cm)

市販されているボルタレンゲルには、メントールが配合されている「ボルタレンゲルEX」と配合されていない「ボルタレンゲルAC」があります。
メントールが配合されている「EX」はスーッとする効果があり、炎症で熱を持った患部がひんやりしてきます。
ただ、メントール独特のにおいもあるため、気になる人にはメントールが配合されていない「AC」がオススメです。

ゲルタイプが適した部位

ボルタレンゲルは粘性が高いため、良く動く部位に適しています。
「膝や肘」などの関節や「肩」などはよく動くので、広く塗れて落ちにくいゲルタイプがオススメなんです。
ねん挫した足首などにも非常に有効です。

ゲルタイプのメリット

とにかく使いやすい

ボルタレンゲルの最大のメリットは、何と言っても使いやすさです。
単純に塗るだけですから、ちょっとした空き時間でいつでも簡単に使用できます。
塗った後も落ちにくいので、体を動かす外出先での使用にも抜群の相性です。
よくのびる為、広い範囲にも無理なく塗り広げられるのも特徴です。

痒くなりにくい

一日中貼りっぱなしの湿布と違い、かぶれるたり、赤くなったりしないのも嬉しい特徴です。

特に女性は、見た目も気になりますものね。
透明なゲルなので、首などの目立つ部分に塗っても目立ちません。
ただ、やはりお薬ですので体質に合わない場合は、かぶれることもあります。

体への負担が少ない

効果の強さは、飲み薬や座薬の方が優れていますが、同時に副作用も気になるところですよね。
特にボルタレンの内服薬は取り扱いにも注意が必要なため、体への負担も大きいんです。
ちょっとした痛みを和らげる目的なら、安心して使える方が断然いいですよね。

ゲルタイプの副作用

ボルタレンゲルの主な副作用は、皮膚炎(発疹、かぶれ)、かゆみ、発赤、皮膚のあれなどが報告されています。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人や、アスピリン喘息や気管支喘息がある人は使用できません。

妊婦、産婦、授乳婦、小児への使用は目立った報告はありませんが、同時に安全性の確立もされていませんので、仕様の際は充分に注意しましょう。

詳細な一覧は、下記のようになります。

臨床試験の総症例1,062例中、副作用が報告されたのは41例 (3.9%) 53件で、その主な症状は、皮膚炎 (発疹、湿疹、皮疹、かぶれ) 27件 (2.5%)、そう痒感9件 (0.8%)、発赤8件 (0.8%)、皮膚のあれ4件 (0.4%)、刺激感3件 (0.3%) 等であった。 (承認時)
製造販売後調査の総症例3,157例中、副作用が報告されたのは19例 (0.60%) 20件であった。その主な症状は、皮膚炎13件 (0.4%)、そう痒感3件 (0.1%) 等であった。 (再審査終了時)

重大な副作用
1. ショック、アナフィラキシー
(頻度不明)
ショック、アナフィラキシー (蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難等) があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止し、適切な処置を行うこと。
2. 接触皮膚炎
(頻度不明)
本剤使用部位に発赤、紅斑、発疹、そう痒感、疼痛の皮膚症状があらわれ、腫脹、浮腫、水疱・びらん等に悪化し、さらに全身に拡大し重篤化することがあるので、異常が認められた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

その他の副作用
皮膚注)
(頻度不明)
光線過敏症、浮腫、腫脹
皮膚注)
(0.1%~5%未満)
皮膚炎、そう痒感、発赤、皮膚のあれ、刺激感
皮膚注)
(0.1%未満)
水疱、色素沈着、皮膚剥脱
注) このような症状があらわれた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行うこと。

※ボルタレンゲル1%添付文書より抜粋

お店で手に入るボルタレン

ボルタレンのゲルもローションも、どちらも第2類医薬品に分類されています。
医師の処方せんが必要ないため、ドラッグストアで気軽に購入できます。
病院に行かなくて済むのは嬉しいですよね。
ただし、まれに副作用も報告されているお薬ですので、使用する際は用法・容量をしっかり守りましょう。
ボルタレンはさまざまなタイプがあるため、どこで手に入るのか分かりにくいのが困りものです。
こちらにそれぞれのタイプの入手法をまとめてありますので、ぜひご活用ください。

ボルタレンエマルジェル

5

ボルタレンエマルジェルは、関節の痛みや、打撲などの炎症筋肉痛に効果を発揮するお薬です。 有効成分の「ジクロフェナクナトリウム」が皮膚から患部へ浸透し、痛みの原因となる腫れを緩和します。

  • 内容量: 1箱100mg
  • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
  • 製薬会社: グラクソスミスクライン
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で4月27日(金)に届きます。

1箱 2,480円カートへ
2箱4,960円4,067円カートへ
3箱7,440円5,547円カートへ
5箱12,400円8,387円カートへ
7箱17,360円211,341円カートへ

ボルタレンエマルジェルのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。