持続時間はどれぐらい?ボルタレンが効果を発揮する時間を解説します

ボルタレンは速く効く?

ボルタレンの有効成分、ジクロフェナクナトリウムは非常に強力な鎮痛作用を持っています。
そのため、市販薬では効き目がない痛みにも効果を発揮してくれます。
そして何よりうれしいのが、つらい痛みを早く和らげてくれる即効性も持ち合わせていることです。
誰だって、痛いのは早く無くなってほしいですよね。
ボルタレンなら痛みに速く効くから、痛みが強い人や、緊急を要する医療現場でも使用できるんです。

ボルタレンが効き始める時間

ボルタレンの鎮痛作用は、服用後30分程度で発揮されます。
すぐに痛みを止めたいときに30分は長く感じるかもしれません。
しかし、その分ボルタレンの効果は強力です。
少し我慢していれば痛みが取れると分かっていれば、気持ちの面でも楽になりますよね。

座薬はもっと速く効く

ボルタレンの座薬タイプなら、もっと早く作用します。
胃を通らずに直接腸から吸収されるから、効果が早いんですね。
使用後、約10分程度で効いてきますから、緊急時などなるべく早く効果を得たい時に重宝されます。

市販されているボルタレンは速く効く?

市販されているボルタレンは、「ローション」「ゲル」「テープ」「スプレー」の4タイプがあります。
それぞれ優秀な鎮痛剤ですが、処方薬の「錠剤」や「座薬」よりも効果は低くなります。
患部に使用した後、1時間ほどで薬効成分が浸透して痛みが引き始めます。

ボルタレンの持続時間

お薬が効果が持続する時間は、薬の成分が血液中に浸透する濃度によって決まります。
この濃度のことを「血中濃度」と呼び、濃度が薄くなるほどにお薬の作用が弱くなっていきます。

参考;ボルタレン(ジクロフェナク)ってどんな薬?ロキソニンとの違いや市販薬についても解説 | 【ミナカラ】

ボルタレン錠

錠剤タイプのボルタレンで、処方される痛み止めの中ではもっともベターなお薬です。
飲みやすく、効き目も高いのでいろいろな痛みに対して使用されます。
一回の服用で、約6~8時間効果が持続します。

ボルタレンサポ

座薬タイプのボルタレンです。
効き目が早く、効果も最も高いため、早く痛みをとりたい時に使用します。
一回の服用で、約6~8時間効果が持続します。

ボルタレンローション

座薬タイプのボルタレンです。
効き目が早く、効果も最も高いたため、早く痛みをとりたい時に使用します。
一回の服用で、約6~8時間効果が持続します。

ボルタレンゲル

サラッとした液体を患部に塗りつけるボルタレンです。
「肩」や「肩甲骨」、「腰」など手が届きにくい部位に適していて、効果の持続は約3時間ほどです。
一日に数回塗り直す必要があります。

ボルタレンテープ

患部に貼り付ける、湿布タイプのボルタレンです。
「肩」や「腰」、「首」などのあまり動かない部位に適しています。
一回貼ると24時間効果が持続するので、貼り直す必要がありません。