痛み止めの薬の中でも最も強力なボルタレン。高い鎮痛作用のメカニズムを解説します。

ボルタレンは医療に使われる強力な痛み止めです

ボルタレンは、炎症を抑えて痛みを和らげる「解熱鎮痛薬」です。
有効線分である「ジクロフェナク・ナトリウム」は同じ解熱鎮痛薬の中でも特に効果が高いことで知られています。

様々な形状で販売されていて、
錠剤タイプ
座薬タイプ
ローションタイプ
ゲルタイプ
テープタイプ
スプレータイプ
など、それぞれに適した用途や特徴があります。
いずれも優れた消炎、解熱、鎮痛効果を発揮しますが、特に、錠剤や座薬は医師の処方処方せんがなければ購入できないほど強力です。

非ステロイド性抗炎症薬って何?

ボルタレンはNSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれるグループに属するお薬です。
NSAIDs(エヌセイズ)は「非ステロイド性抗炎症薬」とも呼ばれていて、痛みの元となる「プロスタグランジン」という物質の生成を抑え、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げる薬の総称のことを指します。

NSAIDsはボルタレンの他にも、
ロキソニン
アスピリン
バファリン
セレコックス
ナイキサン
などがあります。
「ロキソニン」や「バファリン」、「アスピリン」などはとくに有名ですね。

ボルタレンの作用機序

体に何かしらの異変が起きた時、患部では「シクロオキシゲナーゼ」という酵素が「アラキドン酸」という物質を使い、「プロスタグランジン」という物質を生成します。
この「プロスタグランジン」が体内で痛みを引き起こす原因になります。
ボルタレンは「シクロオキシゲナーゼ」の働きを邪魔して「プロスタグランジン」の生成をさせないように抑え込みます。

市販薬では効果が薄い「腰痛」や「歯痛」、「生理痛」などにも効果があり、総合的な痛み止めとしての能力が飛びぬけて高いお薬です。

ボルタレンの形状はたくさんありますが、全てこの「シクロオキシゲナーゼ」を抑えることで痛みを抑えます。
「錠剤」は胃部から、「座薬」は直腸から「テープ」や「ローション」、「ゲル」は皮膚から浸透して発せられる痛みをの元を絶ってくれます。

どのボルタレンがいちばん強い?

形状による効果の強さは
座薬 > 錠剤 > テープ > ローション = ゲル = スプレー
となっています。

「テープ」「ローション」「ゲル」「スプレー」は市販されていますので、実際の強さはほぼ団子状態です。
「座薬」と「錠剤」は市販できないほど強力な鎮痛作用を発揮します。
「錠剤」は胃や肝臓で分解されてしまうため、直腸から直接効果を発揮できる「座薬」の方が効果が強いんです。

痛み止めが効き始める時間

体の痛みはつらいもので、できるだけ早く消え去ってほしいものですよね?
痛み止めのお薬を使用する際、気になるのは「いつ痛みが消えるのか」ではないでしょうか。
ボルタレンの作用はNSAIDsの中でも特に強く、錠剤や座薬を例に挙げると、服用後30分程度で効果があらわれます。
その後、形状によりますが数時間ほど鎮痛効果が持続します。

ロボルタレンが効かない痛み

強力な痛み止めであるボルタレンは、あらゆる痛みを解消する万能薬のようなイメージを持っている人がたくさんいます。
しかし、ボルタレンはあくまで鎮痛消炎剤。炎症による痛みを抑えるのが主な効果です。
したがって、炎症が原因ではない痛みには効果が期待できません。

例えば、ボルタレンは頭痛も和らげてくれます。
しかし、ボルタレンが効果を発揮する頭痛は「緊張型頭痛」です。同じ頭痛でも「片頭痛」には効果がありません。
「片頭痛」にお悩みの場合は「イミグラン」などの頭痛に特化した痛み止めがあります。

イミグラン100mg

5

イミグラン100mgは、頭痛に効果がある痛み止めです。
ボルタレンは頭痛にも効果がありますが、片頭痛には効果が期待できません。
イミグラン100mgなら片頭痛も解消できるため、ボルタレンでは効かない頭痛の場合に服用します。

  • 内容量: 1箱2錠
  • 有効成分: スマトリプタン
  • 製薬会社: グラクソスミスクライン
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で4月27日(金)に届きます。

1箱 2,580円カートへ
2箱5,160円4,231円カートへ
3箱7,740円5,771円カートへ
5箱12,900円8,726円カートへ
7箱18,060円11,798円カートへ

イミグラン100mgのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

他にも歯痛の中にも、ボルタレンが効かない種類の痛みがあります。
痛みの種類の判別は、専門科でも判断が難しい部門です。
痛み止めが効かない場合には、病院で相談してみるのがいちばんです。

胃の不快感がある場合は

ボルタレンの副作用は消化器系にダメージを与えます。
特に胃の痛みや不快感はポピュラーな症状ですので、じゅうぶんな注意が必要です。
空腹時の胃にはボルタレンは強すぎるので、食後の服用をオススメしています。
せっかく痛み止めを飲んだのに、逆に胃が痛くなっては元も子もありませんよね。

胃が弱くて副作用が少ないお薬が欲しい場合は「コビックス」をオススメします。
「コビックス」は、解熱鎮痛剤の課題であった、胃への影響を少なくした痛み止めです。
ボルタレン同様に、総合的な痛みを止める効果がありますが、効力ではボルタレンには及びません。

もしも、解熱鎮痛剤の副作用で胃を痛めてしまった場合は、胃のお薬を同時に服用しましょう。
「ネキシウム」は逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防、改善に効果を発揮するお薬です。
ボルタレンを服用する際に、胃の保護として一緒に処方されることもあるので、胃が気になる人は飲んでおくと安心です。

  • コビックス100mg 胃の負担が少ない痛み止め コビックス100mg
    5
    • 内容量: 1箱100錠
    • 有効成分: セレコキシブ
    • 製薬会社: シプラ
  • ネキシウム40mg 胃痛、胃潰瘍の治療薬 ネキシウム40mg
    5
    • 内容量: 1箱12錠
    • 有効成分: エソメプラゾール
    • 製薬会社: アストラゼネカ

ロキソニンとの違い

同じNSAIDsの中でも「ボルタレン」と「ロキソニン」は特に有名で、よく効果が比較されています。
効果の強さで言えば「ボルタレン」の方が上です。
しかし「ロキソニン」は効果が及ばない分、即効性に優れています。
どちらにも利点があるため、用途によって使い分けるのが正しい選択と言えます。

  • ボルタレン25mg 1日3回の服用できる痛み止め ボルタレン25mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • ボルタレンエマルジェル ひざや関節の痛みに有効 ボルタレンエマルジェル
    5
    • 内容量: 1箱100mg
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: グラクソスミスクライン