ボルタレンが効かないのはどうして?痛みがとれない症状と原因。

ボルタレンが効かない痛み

ボルタレンは強力な痛み止めですが、強力なイメージが先行して、あらゆる痛みを魔法のように治してくれるという万能感も持たれています。

ひと口に痛みと言っても、痛みにはいろいろな種類があります。

  • 切り傷、火傷、打撲などの「炎症による痛み」
  • ストレスなどであらわれる「心因性の痛み」
  • 神経の切断や圧迫による「神経性の痛み」

もちろん、ボルタレンは魔法ではなく、科学的根拠に基づいた鎮痛剤です。
正確には、ボルタレンは「鎮痛消炎剤」という、炎症やそれに伴う痛みを抑えるお薬です。
つまり、ボルタレンが効果を発揮する痛みは「炎症の痛み」なんです。

頭痛に効かない場合

日常的にあらわれる頭痛には、「緊張型頭痛」と「片頭痛」、「群発頭痛」の3種類のがあります。

緊張型頭痛

筋肉や精神のストレスを原因とされる頭痛です。
PCやスマートフォンの操作などで長時間同じ姿勢をとっていると、頭や肩の筋肉が緊張して頭痛が起きます。

頭の全体や両側、後頭部に締め付けられるような鈍痛が続きます。

片頭痛

こめかみや目の上に、ズキズキ脈打つような強い痛みが続きます。
前兆として、目の前にチカチカした光やギザギザした光があらわれたり、野の一部が見えにくくなることもあります。
疲労やホルモンバランスの偏り、アルコールなどで脳の血管が拡張されることで痛みを発します。

群発頭痛

目の奥がえぐれるような耐え難い激痛が続きます。
頭の片側だけが痛むのが特徴です。
飲酒や喫煙などで、目の後ろにある動脈が炎症を起こすことで、痛みを発します。

このうち「片頭痛」は、ボルタレンでは痛みを止められません。
片頭痛を止めるには、頭痛に特化した痛み止めを服用しなければなりません。
頭痛とめる鎮痛剤には「イミグラン」などが効果的です。

イミグラン100mg

5

イミグラン100mgは、頭痛に効果がある痛み止めです。
ボルタレンは頭痛にも効果がありますが、片頭痛には効果が期待できません。
イミグラン100mgなら片頭痛も解消できるため、ボルタレンでは効かない頭痛の場合に服用します。

  • 内容量: 1箱2錠
  • 有効成分: スマトリプタン
  • 製薬会社: グラクソスミスクライン
  • 決済方法: カード銀行振込
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で4月27日(金)に届きます。

1箱 2,580円カートへ
2箱5,160円4,231円カートへ
3箱7,740円5,771円カートへ
5箱12,900円8,726円カートへ
7箱18,060円11,798円カートへ

イミグラン100mgのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

薬物乱用頭痛に注意

痛み止めは、一時的な対処療法です。
痛みを我慢してつらい思いをしても何にもなりません。
それよりも鎮痛剤で痛みを止めて、原因の治療に専念することが重要です。

しかし、痛み止めを安易に飲みすぎて逆に体調を崩しているケースも存在します。
痛み止めも医薬品なので、副作用があります。
胃痛や頭痛など、薬が原因で痛みを発している場合は、それ以上の服用は危険です。
薬の服用を止めて、病院で専門家の判断を仰ぎましょう。

歯痛に効かない場合

歯の痛みには、主に3つの原因があります。

  • 歯の内部が炎症を起こしている
  • ハグキが炎症を起こしている
  • 歯を支える骨が炎症を起こしている

「歯」「ハグキ」「骨」部位はさまざまですが、共通しているのは「炎症」が原因だということです。

ボルタレンは、炎症を抑えるお薬ですので、これら「歯痛」にも効果を発揮します。

しかし、歯痛の中には炎症が原因でない症状や、痛み止めでは効果が薄い、やっかいな症状があります。

骨に膿が溜まっている

歯の神経を摂るような治療をした経験がある場合、その治療痕に細菌が繁殖して膿が溜まることがあります。
そうして溜まった膿の圧力で、歯を支えている骨が圧迫されて痛みを発します。

膿の圧力が原因となる痛みは、炎症を抑える薬では治療できません。
膿を取り除き、圧力を下げることが痛みをとる方法になります。

ハグキに膿が溜まっている

虫歯や歯周病で炎症が起きたとき、ハグキに膿が溜まる場合があります。
この場合も、膿を取り除かなければ痛みの改善は見込めません。
切開などで患部から膿を排出して治療します。

噛み合わせで歯が食い込んでいる

虫歯などの歯の病気にかかっているとき、歯は若干浮いて出っ張ったような状態になっています。
その状態で歯を強くかみ合わせること、根っこが食い込んで痛みを発します。
この場合は、痛み止めでは対応できません。
歯を削るなどの方法で、噛み合わせを調整して対処します。

急に痛み出した虫歯

虫歯が悪化すると、歯の内側にまで到達して、神経を刺激する痛みを発します。
痛み止めでは対処しきれず、歯の神経を取り除く処置が必要になります。

参考:歯痛に痛み止め薬が効かない4つのケースと応急手当法 [虫歯] All About

胃痛に効かない場合

さまざまな痛みに効果があるボルタレンですが、実は胃痛への効果は確立されていません。

ボルタレンの添付文書には効果について以下のように記載されています。

○下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、後陣痛
○手術後の鎮痛・消炎
○他の解熱剤では効果が期待できないか、あるいは、他の解熱剤の投与が不可能な場合の急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の緊急解熱

「胃痛」とは書かれていないんです。

実は、多くの鎮痛消炎剤には、胃腸を痛める副作用があるんです。
そのため、胃痛の治療には胃腸薬が使われ、ボルタレンは処方されないのが普通です。

痛みを止める治療の際に胃腸が気になる際は、胃腸への影響が少ないセレコキシブを主成分とした「コビックス」や、胃痛を予防、改善する「ネキシウム」が一緒に処方されます。

  • コビックス100mg 胃の負担が少ない痛み止め コビックス100mg
    5
    • 内容量: 1箱100錠
    • 有効成分: セレコキシブ
    • 製薬会社: シプラ
  • ネキシウム40mg 胃痛、胃潰瘍の治療薬 ネキシウム40mg
    5
    • 内容量: 1箱12錠
    • 有効成分: エソメプラゾール
    • 製薬会社: アストラゼネカ