腰痛の痛みをとるボルタレン。急なぎっくり腰にも効果があります。

腰痛の改善は難しい

腰痛は、誰もが経験したことがある疾患です。
ちょっと腰が痛いものから、痛みで動けなくなるものまで、さまざまな症例が存在します。

主な腰痛の原因

  • 姿勢で背骨や骨盤、筋肉に負担がかかっている
  • 運動不足で筋肉が衰えている
  • 老化で骨が弱っている
  • 内臓などの疾患
  • ぎっくり腰
  • 関節リウマチ
  • 腰椎椎間板ヘルニア

急性腰痛と慢性腰痛

腰痛には「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2種類があり、痛みが続く期間に応じて大別されています。

急性腰痛

重い荷物を持ち上げたり、ひねったりした時に腰に急激な痛みが走る腰痛です。
痛みは動けなくなるほど強く、安静にしていれば1週間ほどで治ります。
いわゆる「ぎっくり腰」などがこの「急性腰痛」にあたります。

慢性腰痛

さまざまな原因により、痛みが三ケ月以上の長期に渡っている状態です。
治療が長引いている場合や、別の重大な病気が原因の場合もあるので、痛みがなかなか引かない場合は病院に行き、原因を特定しましょう。

「関節リウマチ」や「腰椎椎間板ヘルニア」も重大な腰の痛みを引き起こす疾患です。

関節リウマチ

関節が炎症を起こして、軟骨がすり減って破壊される症状です。
進行すると関節が変形して機能しなくなります。
激しい炎症や痛みを伴い、関節の動きに関係なく痛みが続きます。
発熱や食欲不振などの症状も併発して、全身の不調にもつながることもあります。

30~50歳代の女性に多く発症することが知られていて、朝起きてから30分ぐらいが最も症状があらわれやすいと言われています。
関節リウマチは、早期発見で進行を食い止められる病気です。
起床後30分以上続く手のこわばりなどを感じたら、早めに病院で診察を受けましょう。

参考:リウマチの症状とは|おしえてリウマチ|中外製薬株式会社

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアは、体の中にある臓器が本来あるべき場所からはみ出してしまった状態です。
椎間板とは、背骨の間にあるクッションの役割をしている組織です。
その椎間板の中にあるゲル状の組織が外に飛び出してしまった状態を「椎間板ヘルニア」と呼びます。
「腰椎椎間板ヘルニア」は、腰の椎間板で椎間板ヘルニアが起きている状態です。

腰椎椎間板ヘルニアになると、慢性的な腰痛や、下半身のシビレ、麻痺などの症状が引き起こされ、早急に手術が必要な場合もあります。
軽い症状であれば自然消滅することもあり、必ず手術が必要になるわけではありません。
まずは医師に相談をして、様子を見ながら治療を進めましょう。

ストレッチで腰痛改善

腰の周りをストレッチすることで、日常レベルでの腰痛改善が可能です。

ボルタレンは腰痛に効く痛み止め

ボルタレンは、腰の痛みによく効く解熱鎮痛剤です。
腰痛の原因は腰や付近の炎症によることが多く、炎症による痛みを抑えるボルタレンは治療に最適なお薬です。
その効果は、同系統の痛み止めの中でも特に強力で、病院の治療でも使用されるほどです。

ボルタレンを飲む際の注意点

ボルタレンは強力な痛み止めですが、副作用として胃への負担があります。
胃の負担を軽減するために、食後に服用しましょう。
できれば、「ネキシウム」などの併用可能な胃の薬と一緒に飲むとベストです。

  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • ネキシウム40mg 胃痛、胃潰瘍の治療薬 ネキシウム40mg
    5
    • 内容量: 1箱12錠
    • 有効成分: エソメプラゾール
    • 製薬会社: アストラゼネカ

痛み止めの薬には頼らない方がいい?

痛み止めのような対処療法のお薬は、安易に頼らない方がいいという噂をよく耳にします。
体を壊すのではないか?
頼りすぎると効かなくなるのではないか?
確かに、ボルタレンは強力なため、安易な使用は胃の疾患を引き起こす原因にもなります。

痛み止めは、痛みをとって回復や治療に専念する時間を作るために使用するお薬です。
痛を我慢しても、逆に体の回復を遅めてしまいます。
きちんと用法・用量を守れば、痛み止めに頼ることは問題はありません。

ぎっくり腰はボルタレンで治る?

ぎっくり腰は、急激な負担で腰が炎症を起こした状態です。
これはボルタレンの専門分野ですので、もちろん効果はてきめんです。

ぎっくり腰の治療のコツは患部を「冷やす」ことです。
炎症を起こしている状態なので、温めるのは逆効果になってしまうんです。

ぎっくり腰になってから3日間は、湯船での入浴や飲酒などの体を温める行為は控えましょう。

参考:ギックリ腰・急な腰痛専門の整体|錦糸町カイロプラクティック

必要以上に慎重になるのも、筋肉を衰えを招くので良くありません。
ボルタレンで痛みをとったら、患部を冷やしながら、なるべく無理をしない程度に日常生活を行うことが、早期回復につながります。

  • ボルタレン25mg 1日3回の服用できる痛み止め ボルタレン25mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス