痛みの抑える効果のボルタレンは、強力な鎮痛作用を持つお薬です

ボルタレンは強力な解熱鎮痛剤です。

ボルタレンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)の解熱鎮痛剤です。
主な効果は熱を下げ、痛みを取ること。
非常に高い効果を持っているうえ、即効性や持続時間にも優れているので、緊急を要する医療にも使用されるほどです。

非ステロイド系抗炎症薬とは
炎症を起こす原因である「プロスタグランジン」の生成を抑えることで、炎症や痛みをとる薬の総称を「非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)」と呼びます。
国内で流通している非ステロイド系抗炎症薬には「ロキソニン」「アスピリン」「バファリン」「セレコックス」「ナイキサン」などがあり、ボルタレンはその中でも最も強力な効果があります。

効果が高い分、腹痛や下痢、胃部などの消化器系の副作用に注意が必要です。

ボルタレンの痛み止め効果

ボルタレンは、痛み止めとして効果がとくに有名で、市販薬では効き目が薄い「腰痛」や「歯痛」などの痛みにも効果があります。
ボルタレンの形状はたくさんありますが、全て「プロスタグランジン」を抑えることで痛みを抑えます。

いろいろな痛みに効くボルタレン

ボルタレンは、痛みを生み出す物質を元から絶ってくれる総合的な痛み止めです。
通常、市販薬はリスクの低さと引き換えに、効果が低めに作られています。
そのため、さまざま種類の痛みにまでは対応しきれません。
ボルタレンは、通常では効きにくい痛みも強力な鎮痛効果でしっかり和らげてくれます。

ボルタレンの解熱効果

ボルタレンは、炎症を起こす原因である「プロスタグランジン」を抑えます。
この「プロスタグランジン」は痛みを生み出す物質ですが、同時に熱も発します。
ボルタレンには炎症を鎮め、痛みと同時に熱を下げてくれる効果があるんです。
ただし、インフルエンザの解熱に使用すると危険な副作用が起きる恐れがるので、使用は控えてください。

ボルタレンが効果を発揮する時間

効果の高さと一緒に、即効性と持続時間もボルタレンの魅力です。
錠剤の場合、約30分ほどで効果が発揮されます。
座薬の場合はもっと早く、約10分ほどで痛みが和らぎます。
形状によって効果発現時間や持続時間は前後しますが、1回の服用で約数時間ほど効果が続きます。

ボルタレンが効かない痛み

非常に強力な痛み止めであるボルタレンですが、痛みの種類によっては効果が発揮されない場合があります。
頭痛の中でも「片頭痛」はボルタレンの有効成分の範囲外になってしまい、痛みを止めることができません。
また、歯痛も膿が歯茎や骨に浸透してしまっているような症状には、効き目が薄いです。

ボルタレンの効果に勝ってしまうほどの痛みも、当然ですが対応しきれません。
これらボルタレンが効かない場合には、それぞれに適した痛み止めがありますので、病院に行って相談してみましょう。

  • ボルタレン25mg 1日3回の服用できる痛み止め ボルタレン25mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • ボルタレンエマルジェル ひざや関節の痛みに有効 ボルタレンエマルジェル
    5
    • 内容量: 1箱100mg
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: グラクソスミスクライン