つらい痛みにボルタレン 解熱鎮痛剤ボルタレン情報

痛みをとるお薬

つらい痛みをとるお薬

不意に襲ってくる歯痛や頭痛、腹痛に生理痛…。
痛みがつらいと、夜も眠れなくなることもありますよね?

病院に行こうにも、痛みを抱えながら診察開始時間まで何時間も待たなければなりません。
そんなときに頼りになるのが、痛み止めのお薬です。

このサイトは、痛み止めのお薬「ボルタレン」情報の総合サイトです。
つらい痛みを和らげる「ボルタレンの」効果や特徴、服用の注意点などの情報を提供しています。

当サイト通して個人輸入代行サービス「@通販」からお薬を購入することも可能です。

ボルタレンは、非常に強力で優秀な痛み止めです。
ボルタレンを知ってもらい、痛みに歯を食いしばる時間を少しでも減らせたなら、これ以上ない喜びです。

ボルタレンの購入は通販で

ボルタレンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に属する解熱鎮痛剤です。
その効果の高さから、さまざまな症状がもたらす痛みの症状に対して処方されています。

国内で販売されている非ステロイド系抗炎症薬の中でも、指折りの効力で、痛み止めの処方薬では代表格のような存在として知られています。

しかし、強力すぎるお薬の制約で、ドラッグストアなどでは市販されていません。
医師に処方してもらうのが通常の入手手段ですが、海外から個人輸入という形で通信販売も可能です。

通販なら、時間も取られませんし、ちょっと多めに買い置きしておくこともできます。
ボルタレンが欲しいけど、病院はちょっと…という人は、通販での購入をオススメします。

ボルタレンはどんな効果?

ボルタレンは、痛みや炎症を引き起こす物質「プロスタグランジン」を生成する「シクロオキシゲナーゼ」の働きを抑制することで痛みを止めます。
同時に炎症を鎮め、熱を下げる効果もあります。
この「プロスタグランジン」の生成を食い止める働きで痛みを止めるお薬のことを「非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)」と呼びます。 ボルタレンは非ステロイド系抗炎症薬の中でもとりわけ強力で、さまざまな痛みに対して効果を発揮します。

ボルタレンはどんな種類がある?

ボルタレンは、目的に応じてさまざまなバリエーションがあるのも特徴です。
錠剤や座薬などは総合的な痛みを鎮める内服薬ですが、肩こりや腰痛、筋肉痛などの痛みをとるための形状も販売されているんです。
それぞれにどんな特徴や使い道があるのか、詳しく見ていきましょう。

ボルタレンのジェネリックはあるの?

ボルタレンの有効成分である「ジクロフェナクナトリウム」は、安価なジェネリック医薬品も数多く出回っています。
高くてなかなか手が出せないお薬も、ジェネリックなら気軽に購入できる価格帯まで下がっていることも多いです。
継続して飲み続けたいお薬などはジェネリックがあると嬉しいですよね。

市販されているボルタレンはある?

ボルタレンには市販されているタイプと、市販されていないタイプがあります。
ボルタレンは強力なお薬ですが、効果が高すぎて取り扱いにもリスクが生じます。
そのため、専門家の判断がないと購入できない場合があるんです。
せっかく買いに行ったのに、どこにも置いてなかったらガッカリですよね?
そこで、どのタイプが市販されていて、どのタイプが市販されていないのか、一覧にしてみました。

  • 一番人気 ボルタレンリタード100mg 1日1錠の強力な痛み止め ボルタレンリタード100mg
    5
    • 内容量: 1箱30錠
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: ノバルティス
  • ボルタレンエマルジェル ひざや関節の痛みに有効 ボルタレンエマルジェル
    5
    • 内容量: 1箱100mg
    • 有効成分: ジクロフェナクナトリウム
    • 製薬会社: グラクソスミスクライン